聖書を読んでいると、本当に信じていいのか、と疑問に思える言葉に出会います。今日の聖書にもあります。「求めなさい。そうすれば与えられる」。言葉としてはとてもいい言葉です。響きもいいです。「求めれば与えられます」と人に語ると自分が信仰深く見えます。しかし、心のどこかで本当か、という思いが残るのではないでしょうか。実際に、信仰者は神に祈り求めることが色々あるでしょう。しかしすべてかなえられたという経験を持つ人は少ないでしょう。実現した祈りもあるでしょうが、実現しない祈りもあります。「求めれば与えられる」と言われても、本当かな、そうは信じられないなという思いが残ります。

聖書の言葉に対して本当か? という印象を持つと他の聖書の言葉に対しても疑いの目を向けたりすることが起きます。そんな思いが生じると聖書を読まなくなってしまうかもしれません。聖書の言葉は本当だという確信を持ちたいし、今日の聖書を通して、その確信を与えられたいと思います。そして神に求める者になりたいと願います。

イエス様は弟子たちから祈りを教えてくださいと求められました。そして最初に主の祈りを教えられました。祈る時は、こう祈りなさいと具体的な祈りを教えられたのです。それに続いての教えが今日読んだところです。最初に、たとえが語られます。5節、「あなたがたのうちの誰かに友達がいて」イエス様は、弟子たちをたとえに登場させるのです。弟子の一人が友達の所に行くわけです。真夜中に行くのです。なぜ友達の所へ行くかというと、旅行中の友達が立ち寄ったのに食べ物がないからです。日中、暑いために夜、旅行するということがあるようです。友達があなたを訪ねたのです。時は遅く夜も更けています。ところが家には友に出すべきパンがないのです。そこであなたは友の家にパンを貸してもらいに行くのです。

真夜中ですから、近所の人ならだれでもいいというわけにはいきません。迷惑をかけるわけですから、頼めるのは友人ということになります。

「友よ、パンを三つ貸してください。旅行中の友達がわたしのところに立ち寄ったが、何も出すものがないのです」

と事情を語ります。しかし、

「面倒をかけないでくれ」

と断られます。友は寝たまま、答えているようです。パンを貸すために起き上がると子供を起こすかも知れないし、面倒をかけないでくれ、と言います。

イエス様は言います。その人は友達だからということでは起きて何か与えるようなことはしなくても、しつように頼めば、起きて来て必要なものは何でも与えるであろう」。友達だからということでは何もしてくれなくても、しつように頼めば、必要なものを与えてくれるとのイエス様の言葉です。

このたとえは何を教えているのでしょうか。このたとえはしつように祈る、言い換えるとあきらめずに祈り続けることが大切だと解釈することができます。きっと多くの人が、このように理解するのではないでしょうか。別な解釈もあります。神は、求めに対して「面倒をかけないでくれ」というようなかたではなく、憐れみ深いかたであるという理解です。神は憐れみ深く、求めに答えてくださるかたであるという理解です。これは11節以下とつながってきます。そこでは、神は求める者に良いものを与える方だと教えられています。以上のように二つの解釈がありますが、これを一つにまとめることもできます。神は憐れみ深く、求めに答え、良いものを与えてくださる方なので、あきらめずに祈り続けることは大切だと受けとめることができます。だから「求めなさい、そうすれば与えられます」と神に求めるように励まされます。

9節以下は、同じ内容のことが表現を変えて繰り返されます。「求めなさい」「探しなさい」「門をたたきなさい」。いずれも願い通りになるという教えです。最初に申し上げましたが、私どもは、「求めれば与えられる」、それは本当なのか、という疑問を持ちます。現実はその通りではないという経験があるからです。

10節には、ギリシャ語の本文にあるのに訳されていない大切な言葉があります。「なぜなら」という理由を示す言葉があるのです。「求めれば与えられる」、それは本当なのか、という疑問に対して「なぜなら」という言葉で10節が始まるのです。つまり

「なぜなら、だれでも求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者は開かれるからである」。

考えるとすぐ分かりますが、これは理由になっているとは思えません。逆に新たな疑問が生じます。「だれでも求める者は受ける」となぜ言えるのか。「だれでも探す者は見つける」となぜ言えるのか。理由になるどころか、かえって疑問が大きくなります。「だれでも求める者が受ける」なら、「求めなさい、そうすれば与えられる」と言うことはできます。しかし、「だれでも求める者が受ける」となぜ言えるのか、新たな疑問です。イエス様はなぜ、このように話されるのでしょうか。

この世においても「だれでも求める者は受ける」という人が少なくありません。以前NHKで「プロフェッショナル」という番組がありました。私はこの番組が好きでよく見ていました。その番組では、様々な分野で一流のプロと呼ばれる人たちのことが紹介されます。共通して言えるのは、皆、挫折を味わいますが、そこであきらめないのです。とことん自分の道を歩み続けるのです。そして成功を収めます。だから、人間の経験からしても「求めれば受ける」「探せば見つける」と言うことができます。そこに登場する人は皆そうですから、「だれでも求め続けるなら受ける」「探し続けるなら見つける」と言うことができるのです。他方で、やはり求めても得られない経験があります。誰もが希望する大学には入れるわけではないし、求める者が皆就職できるわけでもありません。

ではなぜイエス様は、

「だれでも、求める者は受ける」

と言ったのでしょうか。これはイエス様の宣言です。勿論、根拠のない言葉ではありません。イエス様の宣言の言葉なのです。イエス様にとっては自明なことを述べているのです。私どもにとっては疑いの余地のあることですが、イエス様にとっては、当然で、明白なことを述べているに過ぎないのです。ではイエス様はなぜこのような宣言をすることができたのでしょうか。それはイエス様と神との関係を知らなければなりません。

イエス様にとって神は天の「父」です。イエス様は、天の父の「子」です。神とイエス様は、父と子の関係にあります。イエス様は天の父の子として生きています。天の父の子としてイエス様は、「だれでも求めれば受ける」と宣言することができたのです。イエス様は求めれば受けるという世界に生きているのです。

天の父の子であるイエス様が求める「なんでも」と私たちが求める「何でも」は内容が異なるのです。私たちはしばしば自分の思い通りにしたいと考えます。そして「何でも求めれば与えられる」と教えられれば、自分が欲するものを何でも求めます。そして、求められないという経験をします。イエス様の宣言は、自分の欲しいものは何でも得られると教えているのではありません。この教えを誤解して受けとめることになります。私もかつて誤解して、欲しいものは何でも求めました。イエス様が与えられると保証されているのに、なぜ与えられないのか、疑問に思ってきました。

イエス様は自分が神の子であると自覚して生きています。神の子は、父である神の心を知っています。神の子は、父である神の心を大切にします。そのような神の子が求める「なんでも」は私どもが求める「何でも」とは同じではないのです。

イエス様は、祈る時はこう言いなさいと教えられました。その祈りの最初は、「天の父よ」でした。神を父と呼ぶことをイエス様は教えられました。神を父と呼ぶ信仰に生きることを教えました。そして神を父と呼ぶ人が求めるものは何でも与えられる、と宣言しているのです。神を父と呼ぶ人が求めるものは何でも与えられる、とイエス様は約束しているのです。

ヨハネ福音書の15章7節にイエス様の言葉があります。

「わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものは何でも願いなさい。そうすればかなえられる」。イエス様の言葉がいつも心のうちにあるならば、その人は、望ものは何でも求めて与えられるというのです。

問題が、求める人が誰なのか、です。神を天の父と受けとめて生きる人、言い換えると、自分は神の子であると自覚して生きている人です。あるいはヨハネ福音書の言い方を使えば、イエス様の言葉がいつも自分の心にある人です。その人が求めることは何でも与えられるというのです。

アイデンティティーという言葉があります。自分を何者と理解するかという意味です。クリスチャンのアイデンティティーは神の子です。私どもは、イエス様を信じ、神の子とされたのです。クリスチャンとは何者かと言ったら、神の子だというのです。神の子になる努力は一切必要ありません。神の恵みによって、神の子にされたのです。あなたが神の子として考え、神の子として行動し、神の子として生きていくなら、あなたが求めるものは何でも与えられる、イエス様はそうおっしゃっているのです。

人間は、だれでも祈ります。困った時には特に祈ります。そして信仰者も祈ります。キリストを信じる人は神の子とされました。そこで神の子として生きていくのです。神の子として考え、神の子として求めるのです。自分が神の子とされたと信じ、神の子として生きていこうとすると、求めることが変わってきます。神の子は天の父の心を大切にします。詩篇には、自分の敵を滅ぼしてくださいと神に求める祈りが書かれています。自分の気持ちを神に打ち明けるために、このような祈りをしてもよいと私は考えます。しかしその後に祈る祈りは、敵を赦してください、との祈りになるのです。私どもが神の子とされ、神の子として生きる故に、祈りが変えられていくのです。祈りが変えられ、求める内容が変えられていく時、その求めはかなえられる求めとなっていくのです。

私は牧師ですから、説教をし、洗礼を受ける人が与えられるように、教会員が増えるように祈りました。今はむしろ、神様に忠実に歩ませてくださいと祈っています。教会で、神様のみ心が行われれば、信じる人は増えていく、そう考えるようになったからです。イエス様は、父なる神の御心に忠実に歩みました。十字架の死に至るまで忠実に歩まれました。神に忠実に歩むという観点から、伝道のために何を祈るのか、そのように考えて祈っています。サムエル記上3章の終わりにこんな言葉があります。「主はみ言葉をもってサムエルにご自身を示された」。神はみ言葉の中にご自身を現すというのです。ですから「説教を通して、あなたの姿が現れるように」と説教の準備で祈ります。説教を通して人々が神の姿を見るなら、その人は信じる者にされていくと信じます。このように祈りが変えられていくのです。

勿論、祈る時は、何でも祈り求めていいのです。何でも祈り求めるべきです。それと同時に、自分は神の子として生きているのか、神の子として自分は何を求めるべきなのか、を考えて欲しいのです。今まで祈ってきたことを神の子として祈るとしたら、どう祈ったら良いのだろうか、考えて欲しいのです。

11節以下で、人間の父は自分の子供に良い物を与えるとあります。魚を欲しがる子供に魚の代わりに蛇を与える父親はません。卵を欲しがる子供に、サソリを与える父親はいません。それなら、天の父は、なおさら、神の子たちに良い物を与えるとイエス様は言います。子供は自分に本当に必要なものが何かを知りません。知るのは父親です。そして父親は子供にとって良いものを与えるのです。そして神は天の父として、神の子である私どもに良きものとして聖霊をくださるというのです。求めるなら与えると天の父である神は約束しているのです。

神は天の父として、私たちにとって良いものとして、聖霊を与えると約束してくださっているのです。神が良いものとして与えてくださる聖霊を受けずして、他の祈りがかなえられたとしてもどんな益があるのでしょうか。

聖霊を与えられて生きる、それがどういう世界に生きることか、ご存じでしょうか。その世界に生きるようにイエス様は私どもを招いているのです。私どもが神の子として生きる時の命、それは聖霊です。聖霊が私どものうちに住んでくださる時、私どもは神の子として生きることができます。神の子として生きる時、求めるものは与えられ、探すものを見つけ、門をたたけば開かれるのです。

祈り
憐れみと恵みに富む父なる神様 どうか恵みによって私どもがあなたの子とされていることを悟ることができるように導いてください。 聖霊を命として与えられ、神の子として生きることが 私たちにとって最善の歩みであることを教えてください。 あなたの御心を大切に生きる者としてください。 聖霊を賜い、 あなたのみ心を喜ぶ者とならせてください。 そしてあなたと共に歩み 求めることが与えられる幸いに生きる者とならせてください。 そのようにして神の栄光を仰ぐ者とならせてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。