私はクリスチャンの両親の元で育ち、教会付属の幼稚園に通い、そのまま教会学校にも通っていたので、キリスト教の雰囲気で育ったことは、キリスト教に入信した大きなきっかけです。

しかし、高校生の頃は、両親を見てても、特によくできた人とも思えず、親に反発し、『絶対キリスト教には入らない』とまで言っていました。大学生になり親元を離れ大阪で一人暮らしになった時、下宿の近くに豊中教会があり(親が教会に近いからという理由で決めました)、自分を見つめなおすようになり、教会に通うようになりました。そこでは、クリスチャンとは、品行方正でなければならないというような堅苦しさはなく、若い人たちとわいわいやりながら、自分自身が生きる目的を考え、クリスチャンとはむしろ心が解放されることだと分かりました。

私達はなぜ生まれてきて、死んでどこへ行くのか、誰もわかりません。今、満足している暮らしをしていても、明日の命も分からない存在です。そのことは、20歳でクリスマスに洗礼を受けその翌年1月に、元気だった母が急逝したことで、身をもって教えられました。

神様を信じることは、生きる目的、意味について、私たちの命について価値がある存在だとおしえられます。ただなんとなく生きている命に大きな価値、意味を神様が与えてくださっています。人間社会の価値感の中で生きていると、あの人より頭が良いとか、金持ちだとか、容姿が美しいとか、ともすれば、他人との比較しながら、優越感に浸ったり、落ち込んだり、自分の運命を喜んだり嘆いたりしてしまいます。

人生の成功者がもてはやされ、逆に「負け犬」という言葉が示すように価値感から外れた人達?が自虐的になったり、失敗者のようにみなされてしまいます。しかし、聖書による神様は、イスラエルの人達だけでなくすべての人達が神様に愛されていると記されています。教会では、同じ信仰を持つ人たちと礼拝を守り、手を携えて支えあい、共に生きようとします。

礼拝で賛美歌を歌うことは、とっても気持ちがよくストレス解消になります。まずは、教会に足を運んでみてください!!あなたは気づいていなくても、あなたも神様に愛されています。しかし神様は、誰もみな人生の成功者だと教えてくださっています。


トップへ証し一覧へ> 教会員Iさんの話し
日本基督教団 金沢元町教会
〒920-0842 石川県金沢市元町 2-13-11
電話 076-252-7963 FAX 076-252-7923
http://motomachi.la.coocan.jp/
xhoriez@yahoo.co.jp