私がどうして信仰を持つようになったのかを簡単にお話します。20代に苦しい経験をしました。初めて味わう挫折感でした。その時は罪責感と共に「自分とはなにか」という問いが湧いてきました。私はそれまで自分を肯定することが出来ず、生きにくさを抱えていました。しかし深く悩むこともなく過ごしてきた様に思います。

 それで以前少しだけキリスト教の集会に行っていたので、おもいきって教会に行って見ました。仕事の帰りに夜の学びに行ったのですが、その時は詩篇を読んでいました。何か心に響く言葉とか、和やかな雰囲気があり、自分が受け入れられているように感じました。それから続けて教会に通いました。あまり説教は良く分からなかったのですが、夜の祈祷会での学びは楽しいものでした。又、青年会ではポール・トゥルニエの本を良く読みました。読書会を通して自分をありのままに受け入れることと、神様が導かれる人生があることを、おぼろげながら感じました。私にとって著者に出会ったことは大きなことでした。もっと聖書について信仰について知りたいと思い、救いについて確信はなかったのですが数年後に洗礼を受けました。

 私にとって苦しみは信仰への願いを起こさせるものとなりました。しかしまじめに、教会にいっていましたが、救われた喜びが、なぜか感じられませんでした。そのうちに、どうして私には喜びがないのだろうと悩むようになりました。そんな折、「リビングライフ」と言うデボーション誌に出会いました。そして今は堀江牧師からデボーションを学んでいますが、比較的最近になってイエス・キリストの深い愛に気付かされました。自分にとってキリストの十字架がとても慕わしいものとなり、私がどんなにつらく、惨めな気持ちのときも、そば近くに居て下さると感じています。私を理解し、ありのままを受け入れ、かけがえのない存在として愛していて下さると思うようになりました。

 子供の問題を通しても、キリストが苦しまれたことを、より理解することが出来たのではないかと思います。相手のことを思って苦しむのは、愛があるからではないかと思います。イエス様も私の罪のために苦しんでくださり、私の罪も、人類の罪も、私に背負わせないで,私の代わり背負ってくださったと信じています。罪が解決されるということはとても大きなことだと思っています。そして私が持っていた生きにくさも神様の愛によって癒され、徐々になくなりつつあります。まだ解決されない間題はありますが、心は、平安です。


トップへ証し一覧へ> 教会員Hさんの話し
日本基督教団 金沢元町教会
〒920-0842 石川県金沢市元町 2-13-11
電話 076-252-7963 FAX 076-252-7923
http://motomachi.la.coocan.jp/
xhoriez@yahoo.co.jp