誕生日を一ヶ月後にしたある日、夫は会社からの一本の電話で解雇を告げられました。働きはじめて四十数年、長い間、仕事を生きがいにする生活を送っていた夫には、大きなショックでした。  年令から考えるといつ停年を迎えてもおかしくないのですが、持病はあっても普通の生活をしているため、後三、四年は働きたいと願っていました。誰にでも訪れる停年の日を覚悟しつつも、突然の通告は戸惑いも大きく、食事も喉を通らず、睡眠も充分とれない様子でした。  私も夫から話を聞いた時は一瞬、色々な思いが頭をめぐり、長い間、働いてくれた夫に対し労をねぎらう感謝の言葉も口にする余裕がありませんでした。

 それからの夫婦の会話はもっぱら退職後の生き方でした。私が心配したのは、仕事が生きがいの人が家に入って目的を失ってしまうことでした。夫の方は経済面が一番の不安でした。持病のある身で医療費の負担が大きく、年金だけの収入で暮らしていけるかという事です。しかし、そんな状況の時、私の心に平静さを取り戻してくれたのが聖書の言葉でした。

 「心を騒がせるな。神を信じなさい」(ヨハネ福音書 14:1)。

 我に返ることが出来ました。夫には、経済面に於いては、結婚以来記帳している家計簿の数字から、見通しが立つと思うことを説明し、聖書に書かれている「思い惑うな」という御言葉について話し合う時が与えられました。夫もその言葉に励ましを受けた様でした。

 全てのこと、神様のご計画の中にあることを思うと、どんな事にも耐えられる力と、良き知恵と力を下さると信じることが出来、祈りつつ神様が示される道を素直に従って生きていきたいという思いに変えられました。

 この出来事を通し、神様は色々な時と機会を用いて、目に見えるものを頼りに生きることのもろさから方向転換させて下さる方であることを信じる事が出来、感謝です。


トップへ証し一覧へ> 教会員Gさんの話し
日本基督教団 金沢元町教会
〒920-0842 石川県金沢市元町 2-13-11
電話 076-252-7963 FAX 076-252-7923
http://motomachi.la.coocan.jp/
xhoriez@yahoo.co.jp