息子が留学することになりました。ビザを申請するために、留学に必要な額のお金が銀行口座にあることを証明する書類を提出するように求められました。

 そこで某銀行に夫がその書類を持って行きましたが、その書類は英語で書いてありました。そのためでしょうか「明日取りに来て下さい」と言われ、手数料だけ支払ってきました。私が次の日行くと、持参した書類ではなく、銀行の書式の用紙が手渡されました。そこには残金すべて口座番号まで他人に知られたくない情報が記入されていました。このようなものは提出するわけにはいきません。「持参した用紙に証明してほしい」と繰り返し訴えましたが、説明もなしに「規則なのでだめです」と言われ、しかも大変不快な態度で、どうしようもなく引き下がってきました。

 しかしどう考えても腑に落ちません。証明書はもらわねばならず、どうしたらよいか困ってしまいました。そしてだんだん腹立たしくなり、次第に心が煮えくりかえるほどの気持ちになりました。

 その時、聖書で神様がカインに対して怒りを静めるよう語りかけておられるところを思い出しました。同時にヨナに対しても怒ってはいけないようにおっしゃっている箇所があったことを思い出しました。

そこで主はカインに言われた、「なぜあなたは憤るのですか、なぜ顔を伏せるのですか」(創世記 4:6)。

主は言われた、「あなたの怒るのは、よいことであろうか」(ヨナ4:4)。

 神様が、私にも「怒るな」と命じておられるのではないだろうかと思い、そこで深呼吸をし、怒りを静める努力をしました。だんだん心が落ち着いて来て、心が静まった時ふと御言葉を思い出しました。

「蛇のように賢くなりなさい」(マタイ10:16)。

 聖書には「蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい」と書かれていますが「蛇のように賢く」だけ浮かびました。この御言葉は何だろう、神様は何をおっしゃっておられるのだろう、と考えました。

 ふとひらめきました。その銀行の本店に聞いてみよう、と。問い合わせてみると、本店では、その書類に証明してくれるとの答えでした。「では本店に行けばよいのですか」と聞くと、口座を開いている支店に行くように言われました。それでその支店で断られたことを話しました。本店の人がその支店に問い合わせ、その支店から陳謝の電話が来ました。神様のお導きにより解決が与えられ感謝をしたことでした。

 しかし、次の日、書類をもらいにその支店に行く時、私の心は、その支店の人にどう嫌みを言ってやろうかと、罪の意識もなしに思い続けました。まじめに真剣にあれこれ考えました。その時、一瞬ですが心の隅に「赦しなさい」という言葉が浮かびました。でも無視して、その人にぐさっと来るような嫌みで、しかし、嫌みを言っている私がいやな人だと思われないような嫌みはないか、と考え続けました。なかなかそんな言葉は見つかりません。

 支店の入り口に付きました。何か自分の心に違和感を感じました。祈りました。(私は何か思うところがあると歩きながらでもすぐ祈ります)。「私のうちにおられる聖霊なる神様、必要な言葉を話させて下さい」と。そして私の口から出た言葉は「ありがとうございました。お世話になりました」でした。素直にこの言葉が出ました。色々考えていた嫌みな言葉はすっかり消え去っていました。

 そして相手の人がなぜ断ったのかの理由も聞くことができました。もし嫌みを言っていたら、いつも行く銀行なので、いつも気まずい思いで行かなければならなかったことでしょう。この出来事を通し、私は喜びで満たされました。

 理性が働かない時、罪を犯しそうになる時、御言葉によって助けていただけることを体験しました。常にデボーションをし、御言葉を蓄え、祈りの生活をしていたら大丈夫との確信を得ました。

「しかし、弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる」(ヨハネ14:26)。

 この御言葉、神様のお約束が本当だと体験しました。

 御言葉を覚えられない、忘れてしまう。しかし聖霊なる神様に祈り導かれデボーションをしていれば、心のタンスに御言葉がしまっておかれ、必要な時に聖霊なる神様によって思い起こさせていただけることを確信しました。


トップへ証し一覧へ> 教会員Fさんの話し
日本基督教団 金沢元町教会
〒920-0842 石川県金沢市元町 2-13-11
電話 076-252-7963 FAX 076-252-7923
http://motomachi.la.coocan.jp/
xhoriez@yahoo.co.jp