教会という存在、この世の中を創ったのは神様である、ということは、小さなころからすんなりと受け入れてきましたが、自分が信仰を受け継ぐということについては、逃げたいような気持ち、反発したい気持ちを持ち続けてきました。

 なんとなく母親に連れられていった高校生まで、そして、地元を離れていたときに自ら行こうと教会の門をくぐった何回かの礼拝においても、いつも説教も賛美歌も、そこにある御言葉は、自分にとっては理解できない、ただの文字でしかありませんでした。

 神様の存在をはじめて感じたのは、高校卒業以来離れていた地元での転職が決まったときでした。多少なりとも帰りたい気持ちを持っていたというものの、もう地元で暮らすことはないと思っていました。ふって沸いた話に悩む時間もなく、ただただ、これが地元にもどる最後のチャンス、と思い軽い気持ちで挑戦したことでした。しかし、流れに身をまかせるように決まったとき、大きな力が私を導き、回り道をさせながら地元に連れ戻してくれた、と素直に感謝することができ、神様の導きなのではないか、そう思えました。

 そのような気持ちがあったので、再び地元で生活するようになってから「教会に行こう。」と母親に誘われても、大きな反発を感じることもなく、前向きに教会へ行ってみよう、という気持ちになれました。教会はちょうど新しく先生を迎えた時期でした。

 以前は、説教と言えば眠気と戦う苦痛な時間でしたが、実生活に基づいた説教に次第に興味を持つようになっていきました。そしてそのうち、人間関係や仕事に悩み、苦しい悪循環から抜け出せない時期に遭い、次第に御言葉から大きな慰めを感じ取るようになっていきました。それまで、ただの文字であったのに、御言葉が心に響くようになっていったのです。

 説教を聞いても、心の友などを読んでも、感動せずにはいられなくなっていきました。そんなときに、

「あなた方を襲った試練で人間としてたえられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなた方を耐えられないような試練に逢わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」(コリントの信徒への手紙一10:13)。

との御言葉や、

「もしあなたが今、苦境にたたされているとするならば、それは自分の判断に頼っているからではないのか?」

という問いかけに出会いました。

 ずっと、自分は自分の力で生きていけるという傲慢な気持ちと、いつも頑張りきれない弱い気持ちの間で揺れ続けてきた私は、初めて真実な言葉に出会った気がしました。自分の主が神様であること、そして心から神に救いを求める想いに気づかされました。それから、はっきりとクリスチャンとして生きる道を意識し始めました。自分の主が神であると気づかされたおかげで、その後、いろいろな悩みからずいぶんと救われてきたと思えます。

 それでも、長い間、自分の中で葛藤があり、なかなか決心できずにいましたが、教会に集う方々との交わりを通して、喜んで生きていきたい、洗礼を受けて早くクリスチャンとして生きたい、という気持ちが強くなっていきました。振り返ってみると、決意までの道のり、決意の時を神様が用意してくださったのだなと感じられ、改めて自分の主が神様であると信じられることを嬉しく思います。


トップへ証し一覧へ> 教会員Eさんの話し
日本基督教団 金沢元町教会
〒920-0842 石川県金沢市元町 2-13-11
電話 076-252-7963 FAX 076-252-7923
http://motomachi.la.coocan.jp/
xhoriez@yahoo.co.jp