僕は救いを求めて教会に行きました。

小さい頃、祖母の死を経験し、幼心に人間は死ぬことを知り、死を恐れました。そのことを親に話す気持ちにはなれませんでした。親の方が自分より先に死ぬし、言ってはいけないような気がしました。どうしたらこの恐れから自由になれるのか、心の中でいつも思っていました。そして自分だけがこの恐れを持っているのだろうと思い、情けないような思いもありました。いつかは死ぬのなら、何をしても空しいという思いが根強くありました。社会に出て、自由にできるお金もできたので、いろんな事をしました。フルートを習ったり、エレクトーンを習ったり、スキーをしたり、油絵を描いたり、レコードを買い集めたり。でも心は満たされることはありませんでした。

30才になっても救われなかったら教会に行こうと思っていました。信仰というのは最後の手段で、本当にお手上げになったら信仰に救いを求めようとしました。救いを求めていろんな本を読みました。救いは得られませんでした。

思いがけなく教会に誘われました。伝道集会です。話を聞いて思ったことは、これはうますぎる話だ。うかつに信用してはいけないと思いました。今思えば、福音を聞いたのですが、信じるだけでよいという話しに警戒を抱きました。だから教会に続けていこうという思いは持ちませんでした。しかしその夜、教会が火事になりました。ボヤですみました。何かの因縁だと思い、教会の礼拝に通うこととなりました。しかし、説教はほとんど分かりませんでした。それは僕が自己中心的に生きてきたこと、人のことを考えないで生きてきたので、罪が分からなかったからだと思います。自分が納得のいく人生を送るために何をしたらいいのか、それだけを考えて生きてきました。人との関わりは煩わしく感じていました。

 ある時、仕事で研修会に行きました。講演を聞いている時、急に咳き込んだのでハンカチを口に当てました。落ち着いたのでハンカチを口から離すと血が付いていて、びっくりしました。僕はタバコを沢山吸っていて体に良くないことは分かっていました。血を見て頭が真っ白になりました。神さまからいただいた体を大切にしないから、こんな事になったのだ。何か病気があるに違いない。もう取り返しがつかないのかもしれない。死んでも仕方がない、そんな気持ちになった時、イエス・キリストが私たちの罪のために死んだ下さったのだということが少しわかりかけてきました。  それからしばらくして洗礼を受けました。

 それから何年も経ちました。ある時、自分を守るために嘘をつきました。嘘をついた時は自覚しなかったのですが、家に向かって歩いている時、自分が嘘をついたことに気がつきました。そして自分は本当に罪人なんだと思わせられました。パウロが「私は罪人のかしら」と言っているのに共感しました。

 すでにイエス・キリストによる赦しのあることを知っていましたから、自分を責めることもなく、赦しの中に置かれていることを感謝しました。自分が頭のてっぺんからつま先まで罪人であると感じましたので、人を赦せないという思いは持たないですみました。人を「赦せない」という思いを持つ資格はないと思ったからです。その気持ちは今も変わりありません。

 僕が若い時、人のことを考えないで生きていたエピソード。まだ新婚と呼べるでしょうか。妻が風邪を引きました。熱を出して寝ていました。僕は用事があったので夕方から出かけました。その時、僕は「夕飯は外で食べるから心配しなくて良いよ」と言い残したのです。風邪で寝ている妻が「じゃあ私はどうしたらいいの」と思っていることなど少しも分かりませんでしたし、気づこうともしませんでした。

 神に赦され、生きることを許されていることは僕にとっては、安心で平安なことです。


トップへ証し一覧へ> 教会員Dさんの話し
日本基督教団 金沢元町教会
〒920-0842 石川県金沢市元町 2-13-11
電話 076-252-7963 FAX 076-252-7923
http://motomachi.la.coocan.jp/
xhoriez@yahoo.co.jp