私の両親は共にクリスチャンでしたが、私は思春期に親への反抗からキリスト教にも反発していました。

クリスチャンになるということは、「品行方正でなければいけない」と思い込み、束縛される気がしたからです。しかし、聖書を通して「イエス・キリスト」という方が、その生涯を、常に弱い立場の人、苦しみにある人、貧しい人、罪を犯した人と共に生き、ご自身にいわれのない罪をきせられて十字架につけられることをも拒まれず受け入れられたことを深く知るようになりました。

そして、私自身の生き様の中で、イエス様を通り過ぎることができなくなり、二十歳のときに洗礼を受け、神の子イエス・キリストを信じることを告白しまし た。

クリスチャンになってからも、悩み・苦しみはつきませんが、逆に心が自由になり、生き生きと生かされている喜びを実感します。教会で、礼拝を守り、賛美歌を歌い、命を与えられたことを無条件に喜ぶことができるからです。


トップへ証し一覧へ> 教会員Cさんの話し
日本基督教団 金沢元町教会
〒920-0842 石川県金沢市元町 2-13-11
電話 076-252-7963 FAX 076-252-7923
http://motomachi.la.coocan.jp/
xhoriez@yahoo.co.jp