私は現在七十九歳です。求道三年を経て洗礼を受け五十四年、計五十七年の信仰生活で、その間に妻も洗礼を受け共に感謝の日々です。

 私は日本が戦争の真っ只中の時代に青春を迎えました。当時、徴兵制度があって健康な男性はすべて軍隊に入らねばなりませんでした。この制度は、「補充兵」といって軍隊で訓練を受け一度家に帰り召集令状(赤紙)をもらって戦地へ行く者と「現役兵」として入隊、ただちに厳しい訓練の後、そのまま戦地の最前線へ行く者と二種類あり、私は現役兵でした。

 東北の仙台、東部131部隊輜重隊(しちゅうたい)でした。入隊の時、兵舎は閑散としていました。それは先輩の隊が南方へ出発した直後だからです。この部隊は南国のインパール作戦で全滅しました。私達は最新の兵器と馬が与えられ猛烈な訓練が始まりました。

 私は学校を卒業してから軍関係の仕事をしていたので、この戦争は勝てるのだろうかという不安がありました。しかし経済封鎖、石油を売らないというアメリカの辱めに怒りを持っていました。そして日本(大和民族)のために死ぬ、そのことについては誇りを持っていました。問題は戦争に負けてからでした。

 虚脱(デカダンス)が始まり、

 私は何のために生きているのだろう?

 職も失い呆然(ぼうぜん)とした人生観でした。

 私の父はキリスト者ではなかったけれど勉強家で、若い頃から内村鑑三の講演会を何回も聞いていて、その話をよくしてくれました。また私は音楽が好きだったので、賛美歌を何曲か知っていました。何かが解るかもしれない、そんな気持ちで教会の門を叩(たた)きました。

 私の体験は現在の若い人々には理解してもらえないと思いますが、人は様々の形でそれぞれ個々に悩みや苦しみを持っていると思います。そしてそれを解消したいと願い、その方法を模索していると思います。平和が永く続き、物は豊かになっても幸福感を持てない、そんな人は何も考えずに教会の門を叩いてください。

 今私に教会生活はいかがですかと問われれば、救われています、守られています、感謝です、と答えることができます。可愛がってくれた当時の上官の話を参考に詩作しました。

卑怯者

中国江南の戦闘不利
退却する本隊を援護するため
小高い丘の上に重機数挺とともに
陣を構える
敵の手中にあってチェコ機銃弾が
間断(かんだん)なく頭上を抜け
追撃砲弾が炸裂する

死を覚悟した一瞬
恐怖が抜け
透明な心に余裕が湧(わ)く
江南の春
のどかな山村の風景が美しい

平和が訪れ
自分の命が現存している
過去に自分を捨てたのは
何だったのだ

生きることも
死ぬことも
安らぎがあるならば
己を捨てて
辿り着きたい

一すじの道を
卑怯者が
歩いている


トップへ証し一覧へ> 教会員Bさんの話し
日本基督教団 金沢元町教会
〒920-0842 石川県金沢市元町 2-13-11
電話 076-252-7963 FAX 076-252-7923
http://motomachi.la.coocan.jp/
xhoriez@yahoo.co.jp