今から20年前、私は初めてこの金沢元町教会へ来ました。それは、親友のSさんの葬儀に参列するためでした。彼女とは中学時代からの友人でした。たった1年間でしたが、同じ職場で働き、励まし合い、助け合いキリスト教の信仰について、心から話し合える良き友でした。彼女の結婚も私の結婚も、共に祝福しあったことでした。

お互い家庭を持ってからは、会うことが少なくなりましたが、彼女の37歳の誕生日に、「元気? 久しぶりに逢おうよ」と誘い出し食事をしました。帰り際に彼女は「今、腎臓の検査に行っているの」とさらりと言って、また逢うことを約束して別れました。まさかその1年後、38歳の誕生日を待たずして、亡くなろうとは夢にも思いませんでした。葬儀の説教で、彼女は忍耐強く信仰を持って癌と闘い、「元気になり、夫と共に礼拝をしたい」と、最後まで希望を持っていたことを知りました。

彼女の思い出とその信仰を辿りたいと何度か礼拝に出席するうちに、ご主人が葬儀の一ヵ月後に洗礼を受けられたことを知り、神様は彼女の願いを聞き入れてくださったと感動しました。しかし、その時の私の信仰生活は不安と焦りで一杯でした。私はクリスチャン・ホームに生まれ、教会学校で育ち、高校3年で洗礼を受け、長女が生まれるまで教会と繋がっている恵まれた生活でした。ところが夫の転職、転勤と2年間に4回の移動が有り、長女が小児喘息になり病院通いが始まりました。ヒュウヒュウという発作に母子共に眠れない夜を過ごし、夜明けを待って病院へ走りました。

 この数年間日曜日に礼拝に行けないことは辛いことで、神様に申し訳ないという罪の意識に責められていました。やがて長女も元気になり、二人の娘とある教会に通い始め、その教会に根を下ろそうと思っていた時に、彼女の死でこの元町教会と出会ったのです。

ある日元町教会の礼拝が始まる前、静かに黙祷していたとき、今までの生活を振り返り

「夫の転勤だ、子供の病気だ、不便な所に引っ越したと言い訳をして、礼拝中心の生活をしてこなかった。私は父の家を離れた放蕩息子だ。赦してください。でもあなたの元に帰りたい」と心から神様に願いました。

 この時、私の心に

「わたしの所に帰っておいで」

というイエス様の声が聞こえ、嬉しくて涙が溢れました。

神様はこんな私を今までもずっと守り続け、待っていてくださり、帰ることの出来る父の家としてこの教会に居場所を用意してくださったと感謝で一杯になりました。しかし、神様はSさんの信仰とその死をきっかけとしてこの教会に導いてくださったことを思うと悲しくもありましたが、これが人間では分からぬ、神様の深いご計画なのだと思いました。

今、この教会の神の家族の一員として、本当に平安な思いに満たされています。色々な過去の経験から、しばらく教会を離れている方の思いもよく理解できます。また子育ての苦労、病気など、神様は全てを益に変えて、喜びをもくださることを信じて生きることができることは、本当に感謝です。


トップへ証し一覧へ> 教会員Aさんの話し
日本基督教団 金沢元町教会
〒920-0842 石川県金沢市元町 2-13-11
電話 076-252-7963 FAX 076-252-7923
http://motomachi.la.coocan.jp/
xhoriez@yahoo.co.jp